ホワロにはチャイルドロックがついてないの?子どものいたずらはどう防ぐ?

真っ白な本体とシンプルなデザインで、置くだけでキッチンの雰囲気が明るくなると人気のガスコンロ『ホワロ』。

 

ネット通販限定で販売されているリンナイのホワロは、ガスコンロ売れ筋ランキング上位の常連です。

 

でも、そんなホワロにはチャイルドロック機能がついていません。

 

 

うちの子はまだ2歳。
なんでも私の真似をしたがるからチャイルドロックがないのは不安。


 

小さなお子様がいらっしゃる方にとっては、重大な問題です。

 

せっかく見た目のデザインが気に入っても、購入をためらってしまいますよね。

 

ここでは、ホワロチャイルドロックに関する情報と子どものいたずらを防ぐ方法について紹介しています。

 

チャイルドロックの付いていないホワロは1機種だけ

 

リンナイからネット通販限定で販売されている白いガスコンロ『ホワロ』には、3つのシリーズがあります。

 

 

その中で、チャイルドロック機能がついていないのは実は1機種だけです。

 

 

ガスコンロ購入時の条件に【チャイルドロックの有無】がある人は、必ず『ホワロC』か『ホワロC plus』を購入するようにしてください。

 

 

最近のガスコンロにはチャイルドロックがついているのが当たり前じゃないの?
なんで、ホワロにはついていないの?


 

確かに、ここ最近販売されているガスコンロのほとんどはチャイルドロックがついています。

 

ただしそれは、点火つまみがプッシュ式のガスコンロの場合。

 

 

点火つまみがダイヤル式のガスコンロは、今も昔もチャイルドロックは付いていません。

 

その理由の一つとして考えられるのは、幼い子どもでは容易に火をつけることができないことが考えられます。

 

押したらすぐに火がついてしまうプッシュ式に比べると、奥までつまみを押しながら回す操作が必要なダイヤル式は幼い子どもには難しい操作ですよね。

 

楽天【ホワロ】購入者の口コミより引用

 

ガスコンロのいたずらに悩むお母さんたちの声

 

幼い子どもがガスコンロのいたずらをしてしまい悩んいるお母さんたちは想像以上にたくさんいます。

 

点火つまみがダイヤル式のガスコンロは、プッシュ式に比べれば幼い子どもが火をつけてしまう可能性は確かに低いのかもしれません。

 

でも、いたずらをするかしないかは全く別の話。

 

幼い子どもは、お母さんのやることを真似するのが大好きです。

 

たとえ火がつかないからといって、ガスコンロで遊ぶのをやめるわけではありませんよね。

 

子育てに奮闘中のお母さんたちの声をちょっと見てみましょう。

 

 

目が離せません
20代主婦
やっと一人立ちができるようになった我が家の1歳半の息子は、もう本当に目が離せません。
一番困っているのは、玄関のカギを勝手に開けてしまうのとガスコンロで遊んでしまうこと。
以前、眠気に負けてほんの10分ほど寝てしまったときは玄関の鍵は開いているし、ガスコンロの点火つまみは押された状態になっていました。
大事にならずに良かったですが、毎日全く気が抜けません。


 

 

 

 

チャイルドロックだけでは不完全?子どものいたずらを防ぐ方法

 

ガスコンロにチャイルドロックの機能がついている人は、当然毎回ガスコンロ使用後にロックはしておきましょう。

 

ですが、実はチャイルドロックだけでは不完全。

 

 

 

チャイルドロック以外にできるガスコンロのいたずら防止策を3つ紹介します。

 

  1. キッチンにバリケードを設置
  2. ガスコンロ使用後は元栓を締める
  3. いつもよりキツめに叱る

 

キッチンにバリケードを設置

 

幼い子どもが出入りできないようにするバリケードは、子育て中の家庭では必須の商品ですよね。

 

 

【ベビーゲート】と呼ばれるこの商品は、階段やキッチンなど子供に立ち入ってほしくないところに設置します。

 

見ていないところでガスコンロにいたずらされてしまうのも困りますが、料理中にキッチンに入ってこられるのも困りますよね。

 

ベビーゲートなら、この両方を防ぐことができます。

 

最近では、設置時に壁に穴を開けなくてもいいものも販売されていますので、賃貸などでも使用することが可能です。

 

ガスコンロ使用後は元栓を締める

 

幼い子どもがいる場合は、必ずガスコンロ使用後は元栓を締めるようにします。

 

 

元栓させしっかりと締められていれば、親の目を盗んで子どもがガスコンロの点火スイッチを押してしまっても火が付くことはありません。

 

ただし、実際にガスコンロを使用するときは、ガスコンロの点火スイッチが押された(回された)状態になっていないかを確認してから元栓を開きましょう。

 

点火スイッチ(ダイヤル)が押された状態に気づかずに元栓を開いてしまうと、ガスが漏れてしまう危険性があります。

 

いつもよりキツめに叱る

 

1歳半から2歳くらいの子に優しく「いたずらしちゃだめだよ」と言ったところで、まだ幼い子には理解できません。

 

本当にダメなことをしてしまった時には、いつもより大きな声でキツめに叱ることも時には必要です。

 

まだ言葉は理解できなくても、あなたの表情やその大きな声でやってはいけないことと理解するはずです。

 

ガスコンロのいたずらに困っている多くのお母さんたちの解決策を調べましたが、やはり最終的にはこの方法でわかるまで根気よく教えていくという人が多かったです。

 

まだ言葉もわからず善悪の判断ができない幼い子どもを大きな声で叱るのは、確かにかわいそうなことかもしれません。

 

ですが、ガスコンロのいたずらは時に命にかかわることもあります。

 

子どもの安全の為にも、やってはいけないことや危険なことは心を鬼にして根気よく教えていく必要があります。

 

 

 

まとめ

 

ホワロ(ガスコンロ)のチャイルドロックについてみてきました。

 

たとえガスコンロにチャイルドロックの機能がついていたとしても、完全に安心することはできません。

 

特に今までにガスコンロにイタズラされてしまった経験がある家庭の場合は、ベビーゲートを設置するなど早めの対策を取る必要があります。

 

また、ガスコンロ使用後は常にガスの元栓を締める癖をつけるようにしましょう。